ホーム > 歯が抜けてしまった方へ

歯が抜けてしまった方へ

インプラント

インプラント

お一人おひとりの状態を配慮したインプラント手術

インプラントは、人工の歯根を歯槽骨に埋め込み、その上部に人工の歯をかぶせる方法です。
歯根をしっかりと張った状態にすることができる治療方法として注目されています。
しかし、インプラントも自分の歯には叶いません。
最も良い治療は、ご自身の歯をできるだけ残すことであると、当院では考えています。

また、患者さまの歯槽骨の状態によって、インプラント治療が可能な方と不可能な方がいらっしゃいます。
当院では、最良の策と考えられる場合に限り、インプラント治療をご提供しています。

ブリッジ、入れ歯とインプラントから、最良の方法をご提案

インプラントは、患部の骨や口腔内全体の歯周病の状態によって、植えても十年程度しか持たないと判断される場合があります。
そのような場合は、インプラントを無理に入れるより、ブリッジや入れ歯による治療をお勧めしています。

入れ歯・ブリッジ

自然に噛める状態を目指した入れ歯・ブリッジ
見た目の美しさにもこだわります

歯を失った場合には、入れ歯やブリッジで補うという選択肢があります。
インプラントが適さない方でも「噛める生活」を取りもどすことができます。
自然な噛み心地を目指した入れ歯やブリッジをご提供します。

ブリッジ

保険適用のものから、審美性の高いものまで幅広くご提供できます。
失った歯の前後の歯を削って取り外ししない方法で、身体に優しいメタルフリー素材や従来の金属とセラミックの物があります。
ブリッジや義歯をお勧めする場合でも、支えになっている歯や、その周辺の組織の健康状態を説明し、予後に関してもお話します。

入れ歯

入れ歯も、噛み心地が良く審美性の高いものまで取りそろえています。

 金属床の入れ歯 
保険の入れ歯の「床」と呼ばれるピンク色のあごに接触する部分を金属で仕上げた入れ歯です。
チタンと、コバルトクロムの2種類をご提供しています。
チタンは軽く薄く作ることが可能です。

 ノンクラスプタイプ 
見た目を重視したい患者さまには、審美性に優れたバネを使わない部分入れ歯をご提供しています。
当院では、メリットとデメリットをしっかりと説明して、治療方法を決めています。

 シリコンデンチャー 
下の歯の入れ歯のように、骨の尖った部分が多い場合は、歯ぐきと接する部分に柔らかいシリコンを使用したシリコンデンチャーも選んでいただけるようにしています。

入れ歯とブリッジのお手入れについて

入れ歯もブリッジも、しっかりとしたお手入れが必要になります。
あごの骨は年を重ねるほどに変化していきます。
当院では、入れ歯を快適にフィットさせるための床の張り替え、サイズ調整、修理などのアフターケアも充実しています。