ホーム > 虫歯治療・予防歯科

虫歯治療・予防歯科

一般歯科・予防歯科・歯周病・小児歯科
毎日の生活に根ざした歯科医として、
みなさまの口腔内の健康を見守っています。

虫歯や歯肉炎などのお悩みから、
日々のメンテナンスまで、なんなりとご相談ください。

一般歯科

一般歯科


虫歯の痛みや、歯ぐきの腫れ、歯周病による歯のぐらつきなど、早めにご相談ください。
虫歯治療
~できるだけ体に負担の少ない回復ができるように~

 歯にダメージを与えない 
虫歯の状態に合わせて、できる限り神経を残す治療をします。
しかし、神経を残すことで体に対しての負担が増え、その歯の将来に悪影響を与える場合には、神経を抜き根っこの部分の治療をします。

 自分の歯をできるだけ残すこと 
可能な限り、自分の歯を抜かずに残すことを基本にした治療を行います。
切削も最小限にし、歯の組織が残せるならばその上で補綴物などを工夫した治療を行います。
どうしても歯を残すことができない場合には、義歯や入れ歯、インプラントなどそれに変わるものをしっかりと選択してご提案し、最適な治療をご提供しています。

予防歯科

予防歯科


日常的に歯科医を利用していただくことで、大きなダメージを受けずにすみます。
美容院に通うように、定期的に歯科医に通うこと
何もなくても、定期的にご来院し、検診とクリーニングを受ける患者さまも数多くいらっしゃいます。
定期的な予防により、虫歯も小さなうちに発見できますし、歯周病の方は悪化を防ぐことが可能になります。
定期的なメンテナンスについて
虫歯などの治療を一通り終えたあと、健康な口腔内環境を維持するために、定期的検診・メンテナンスをお勧めしています。
歯周病やカリエスリスクの高い患者さまの場合は、1ヵ月に1度の検診により、経過を観察しながらメンテナンスをしています。
それ以外の患者さまも、一人ひとりの口腔内の状態によって、2ヵ月、3ヵ月、半年、1年というようなスパンでご来院いただいています。
「かかりつけ歯科医」として責任を持って口腔内を管理させていただいています。

歯周病の治療・メンテナンス

歯周病の治療・メンテナンス


歯周病は、メンテナンスしながら悪化を食い止めるのが基本。
定期的なケアで歯を守ることが可能です。
歯周病について
 本当は怖い、歯周病のリスク 
歯周病とは、歯の根っこの部分と歯槽骨との間に歯周病菌が入り込み、骨を溶かしていく病気です。
歯を支えている土台が揺らぐため、歯がぐらつき、歯ぐきが下がっていき、そのまま放置すると歯が抜け落ちてしまうことになります。
最近の研究では、歯周病菌による全身的な健康リスクが問題になっています。
歯周病菌により、糖尿病、心臓疾患、脳梗塞などのリスクが高まると報告されているほか、妊婦に対しては、低体重児出産を引き起こすリスクがあるというエビデンスもあります。
口腔内の病気だと考えられがちな歯周病ですが、患者さまの体の健康にも影響しているのです。

小児歯科

小児歯科


お子さまの口内環境は、親御さんの責任です。
正しい虫歯予防が必要です。
虫歯になりにくい口腔内を作る、小児歯科
当院では、子どもの虫歯予防の一貫として、小さいうちから歯医者に通い慣れていただけるようにお願いしています。
定期的に通うことで、虫歯のできない口腔環境を維持することができます。

 歯面清掃 
定期的に、歯についた汚れをクリーニングします。

 フッ素の塗布 
お子さまの歯にフッ素を定期的に塗布することにより、虫歯になりにくい歯を作ります。

 シーラント 
奥歯の表面を樹脂でシールし、食べかすや糖類などが直接付着しないようにし虫歯を防ぎます。

 フッ素洗口 
フッ素を含んだうがい薬をご提供しています。
フッ素は大量に飲み込んでしまうと大変なことになってしまいますので、ぶくぶくうがいができるようになったお子さまに限っての処置になります。

 ブラッシング指導 
子どもの頃からしっかりとしたブラッシングの習慣をつけましょう。
親御さんがチェックをして磨き残しを指摘したり、磨けてないところを磨いてあげたりしながら、親子で毎日のブラッシングを行ってください。